猫 虫歯
真実の猫 虫歯もしかしたら興味があるかもしれません

猫の奥歯は人間の奥歯のように噛み合う部分が少なく、食べかすや歯垢がたまりにくい構造になっているため、虫歯になることが非常に少ないと言われています。 しかし、猫は「虫歯になりにくい」と言われていますが、それでも毎日の歯科ケアは必要です。 お口の健康を怠ると虫歯以外の病気を引き起こす可能性があります。 今回、catcarejp.comでは猫 虫歯 の病気とその予防のための歯磨き方法をご紹介します。 猫は猫 虫歯にならないというのは本当ですか? 右。 つまり、猫にはいわゆる「虫歯」がありません。 人間の虫歯(虫歯)は、口の中の細菌によって生成される酸によって歯が破壊される(空洞)ときに発生します。 虫歯の原因となる細菌を総称して「虫歯原因菌」と呼び、その代表的なものがミュータンス菌です。 猫が虫歯にならない理由については諸説ありますが、その一つに、人間と猫では口腔内のpH値が異なるため、虫歯が存続しにくいという説があります。 人間の口腔内のpHは6.5~7.0の弱酸性ですが、猫の口腔内のpHは7.5~8.5の弱アルカリ性です。 前述のミュータンス菌は酸性環境を好み、生育が難しいとされています。 [...]

猫 マグカップ
思わず見入ってしまう美しい猫 マグカップアクセサリー7選

猫 マグカップット愛好家の愛らしい見た目と愛情を惹きつけるだけでなく、創造性とユニークなデザインの優れた象徴でもあります。 ユニークでスタイリッシュな外観の猫カップは、便利なアイテムであるだけでなく、装飾アクセサリーとしても機能します。 ここで疑問が生じます。なぜ猫カップは猫好きからも注目を集めるのでしょうか? catcarejp.com で猫カップの魔法と、それが今日のアクセサリーの世界でユニークである理由を探ってみましょう。 マルモ高木陶器のカップが色を変える 45℃以上のお湯を注ぐと、かわいい動物たちがカラフルに浮かび上がります。 このユニークなカップは冷めると黒いシルエットに戻ります。 優しくリラックスした表情の犬や猫が丁寧に描かれたカップは、お茶を飲む時間をリラックスした雰囲気に変えてくれます。 たくさんの種類があるので、ご自宅の犬や猫のために探してみてはいかがでしょうか。 ボックス入りなので大切な方へのギフトにもおすすめです。 クリスマスマグ「耳をすませば」  本と地球屋を通じて出会った二人をイメージしたデザイン。 問題は雫と誠司の道が繋がっていること。 [...]

猫 花粉 症:ペットを守るために知っておくべきこと
猫 花粉 症:ペットを守るために知っておくべきこと

奇妙に聞こえるかもしれませんが、猫も私たち人間と同じように花粉症にかかりやすいのです。 ただし、症状はさまざまであり、あなたの猫が気づかないうちにこのタイプのアレルギーに苦しんでいる可能性があります。猫 花粉 症について知ろう! 猫も花粉症になるのでしょうか? 人間と同様、動物にも炎症細胞があるため、アレルギー反応を起こす可能性があります。 猫は空気中の物質に対してアレルギー反応を起こすことがあり、花粉症の人に似た症状が現れることがあります。 猫では鼻水、くしゃみ、呼吸困難などのアレルギー性鼻炎の症状が見られます。 しかし、猫のアレルギーは皮膚や消化器系の問題に関連していることが多いです。 アレルギーのある猫は非常にかゆみを感じることが多く、過度に皮膚を掻いたりブラッシングしたりすることがあります。 この行為は、脱毛、皮膚の損傷、二次的な皮膚感染症を引き起こす可能性があります。 一部のアレルギーは食物に関連しており、嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。 猫は花粉などの季節性アレルゲンに対してアレルギー反応を起こし、人間の花粉症と同様に季節性アレルギー性鼻炎を引き起こす可能性があることがわかっています。 猫 花粉 [...]

猫 ギター
猫 ギター力の謎 : 面白いかもしれません

ギターを持つと猫が寄ってくるのかな? それともそこに猫がいるのか? 同時に、ギターを弾く飼い主を困らせる猫が必ずといっていいほど登場する愛らしい動画もある。 それは店主が音楽好きというだけではなく、私もメロディーに浸りたいからなのかもしれません! 猫が醸し出す愛らしい雰囲気に魅了されることでしょう。 この猫ちゃん、本当に気高くて可愛いですね♪ フォーラムで検索すると、音楽を再生しているときに猫が近くに来たり、途中で邪魔になったりするという意見がたくさんあります。 今回、catcarejp.comでは猫 ギターにまつわる情報を皆様にお届けします。 あなたの猫はなぜギターが好きなのですか? 猫はギターを弾くことにあまり興味がないようで、むしろ無邪気にギターの小さな穴に心を入れています。 ギターの「サウンドホール」と呼ばれるこれらの開口部は、共鳴音を生成するために必要であると考えられています。 しかし、それが猫が飛び越えられるほどの大きさかもしれないと考えるのは興味深いと思いませんか?  ギターの穴をよく見ると、弦とサウンドホールの間の距離が小さなネズミが侵入できるほどであることがわかります。 もしかして穴の中には美味しい獲物がいる小さな世界があるのでしょうか? [...]

最新の投稿

猫 リンパ腫
猫 リンパ腫 とは何ですか?兆候と治療法

がんは人間にとっても動物にとっても非常に危険な病気です。猫のがんは飼い主にとって望ましくない病気であり、猫が高齢になると死亡率が非常に高くなります。以下は Catcarejp.com が読者の皆様に提供したいこの病気に関する知識です、読者の皆様、お見逃しなく! 猫 リンパ腫 とは何ですか? がんは、患者の体内の細胞が制御不能な方法で増殖および分裂し始める病気です。これらの悪い細胞は、多くの場合、腫瘍や癌の形をとります。猫の体のどこにでも発生する可能性があります。そもそもそれらを生み出す細胞によって、その形や働きは異なります。 良性腫瘍は、細胞が正常に機能できない場所で発生し、他の組織への浸潤を引き起こしたり、全身に広がったりしない腫瘍です。猫の良性腫瘍の一般的なタイプは脂肪腫です。それらはゆっくりと成長し、周囲の組織に影響を与えたり破壊したりすることはありません。 悪性腫瘍は、隣接する組織に侵入し、大きな損傷を与える能力を持っています。それらは猫の体全体に広がる可能性があります。また、それらは壊れてリンパへの血管に入り、体内に多くの新しい腫瘍の種を引き起こす可能性があり、これは転移とも呼ばれます。 猫がガンになる原因は何でしょうか? 猫のがんの原因は数多くありますが、それらを正確に判断することは不可能な場合がほとんどです。一部の種類のがんは遺伝性であり、外部環境、毎日の食事、または猫にもがんを形成する可能性のある発がん性物質の影響を受けます。 FeLV 白血病ウイルスは、猫に白血病を引き起こすリンパ腫を引き起こす可能性があります。 猫免疫不全ウイルス FIV [...]

猫 皮膚 病
一般的な猫 皮膚 病の症状と治療法

ほとんどの猫は時々引っ掻きますが、時々引っ掻いたり、定期的に毛づくろいをしたりすることが過剰になっていることに気づいたら、猫は皮膚の問題を抱えている可能性があり、獣医センターで診察を受ける必要があります。以下は、Catcarejp.com が紹介したい「猫の皮膚の問題」です。 過度の引っ掻き、毛づくろい、抜け毛は、猫の皮膚の問題があり、猫の友達が医療処置を必要としている兆候である可能性があります。猫の皮膚の問題が緊急になることはめったにありませんが、不快な猫は、それらの症状が抑えられるまで日常生活を楽しむのが困難になります。 犬と比較すると、猫は通常、毛皮や皮膚の手入れが少なくて済みます。一般的に、猫の皮膚の問題は犬よりもはるかに少ないです。週に 1 回ブラッシングを行うことで、猫の毛皮や皮膚をよく知ることができます。これにより、猫の皮膚の潜在的な問題を早期に発見し、獣医師による迅速な治療を求める可能性が高くなります。 猫 皮膚 病の状態を認識する: では、猫の皮膚の状態をどのように認識すればよいのでしょうか。以下は、注目すべき重要な兆候です。 抜け毛は、猫の皮膚の問題の一般的な兆候です。抜け毛に気づいたことがありますか?猫の抜け毛が通常より多いですか? 過度な毛づくろいも、猫の皮膚疾患の兆候です。毛づくろいが通常より熱心でリラックスしていないように見える場合は、猫が痒み(かゆみ)があり、不快に感じている可能性があります。 猫のブラッシング中に、赤み、鱗状、斑状、またはかさぶた状の部分に気付いた場合は、獣医師の診察を受けてください。 ノミやダニは皮膚によく見られる寄生虫です。 猫が頭を過度に振っている場合は、皮膚疾患または耳の疾患がある可能性があります。 [...]

猫 花粉 症:ペットを守るために知っておくべきこと
猫 花粉 症:ペットを守るために知っておくべきこと

奇妙に聞こえるかもしれませんが、猫も私たち人間と同じように花粉症にかかりやすいのです。 ただし、症状はさまざまであり、あなたの猫が気づかないうちにこのタイプのアレルギーに苦しんでいる可能性があります。猫 花粉 症について知ろう! 猫も花粉症になるのでしょうか? 人間と同様、動物にも炎症細胞があるため、アレルギー反応を起こす可能性があります。 猫は空気中の物質に対してアレルギー反応を起こすことがあり、花粉症の人に似た症状が現れることがあります。 猫では鼻水、くしゃみ、呼吸困難などのアレルギー性鼻炎の症状が見られます。 しかし、猫のアレルギーは皮膚や消化器系の問題に関連していることが多いです。 アレルギーのある猫は非常にかゆみを感じることが多く、過度に皮膚を掻いたりブラッシングしたりすることがあります。 この行為は、脱毛、皮膚の損傷、二次的な皮膚感染症を引き起こす可能性があります。 一部のアレルギーは食物に関連しており、嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。 猫は花粉などの季節性アレルゲンに対してアレルギー反応を起こし、人間の花粉症と同様に季節性アレルギー性鼻炎を引き起こす可能性があることがわかっています。 猫 花粉 [...]

猫 しっぽ: 自分たちの言語を発見する
猫 しっぽ: 自分たちの言語を発見する

猫は複雑なボディーランゲージシステムを持っており、尻尾は感情や意図を伝える上で重要な役割を果たしています。猫 しっぽ言語を解読することは、彼らのコミュニケーションの表現力豊かで神秘的な側面を明らかにするエキサイティングな旅です。 今すぐ catcarejp で探検してみましょう! 猫のボディランゲージ 猫は体のさまざまな部分を使い、ボディーランゲージを通じて感情を伝えます。 猫はさまざまな話し方をしており、ボディランゲージの姿勢や口調を使って、恐怖、防御、イライラ、遊び心、満足感などの感情を表現します。 猫に詳しくない場合でも、猫のボディランゲージに基づいて猫の感情を認識し、猫の幸福、恐怖、攻撃性を感知することができます。 猫 しっぽのボディランゲージ 猫は表情豊かな動物であり、鳴き声、体の姿勢、尻尾の動きなど、さまざまな信号を通じて人間や猫同士でコミュニケーションをとります。 尻尾は脊椎系の一部であり、猫の感情や意図を伝える強力なツールとして使用されるため、猫のボディランゲージにおいて重要な役割を果たしています。 猫が尻尾をどのように動かすかを観察すると、猫の気分や感情、そして猫のニーズをより深く理解するのに役立ちます。 この知識は、暴力や恐怖行為につながる可能性のある誤解を避けながら、猫とのより強い関係を築き、猫の安らぎと幸せを確保するのに役立ちます。 [...]

猫 首輪を使用するメリットを発見する
猫 首輪を使用するメリットを発見する

ペットの世話と保護に関して言えば、多くの場合、私たちが最初に考えるのはペットの快適さと安全です。 猫にとって大切なアクセサリーの中でも欠かせないのが、猫首輪とも呼ばれる「猫 首輪」です。 猫 首輪をつけるメリット 外飼いの猫であろうと室内限定の猫であろうと、猫にとって常に首輪を着用することにはさまざまな利点があります。 ID タグが付いた安全首輪は、猫の安全を確保し、迷子になった場合に素早く識別するのに役立ちます。 首輪が必要なのは外飼いの猫だけだと思われるかもしれませんが、室内飼いのみの猫でも、開いたドアや窓から逃げ出す可能性があります。 したがって、首輪とタグの着用は、どの種類の猫にとっても必要な対策です。 猫の安全首輪は多くの場合、自動ロック付きで設計されており、猫が何かに引っかかった場合に自動的に解除され、挟み込みを防ぐのに役立ちます。 しかし、猫の絶対的な安全を確保するには、マイクロチップによる通信が不可欠です。 ID首輪は、猫の飼い主と居場所を特定するだけでなく、猫に家があることを証明するのにも役立ちます。 これにより、猫が迷子になったり迷子になったりして救助センターや動物病院に運ばれた場合に、猫をすぐに特定して家に戻すことができます。 猫 [...]

カーミング シグナル 猫
カーミング シグナル 猫 : 4 猫の行動やしぐさ

カーミング シグナル 猫「心を落ち着かせる信号」のことで、不必要な紛争や危機を回避したり、自分の意見や感情を他者に伝えるために使われる非言語言語のことです。 簡単に言えば、衝突を避けるためのコミュニケーションであり、「緊張」や「ストレス」を感じたときに見せるボディーランゲージです。 猫は犬と共通のカーミングシグナルを持っているようですが、集団で生活する犬とは少し異なる猫特有のシグナルもあり、シグナルを送るとすぐに行動が変わるようです。 。 catcarejp.comでは代表的なカーミングシグナルを簡単に紹介します。 宥和信号は猫が自分の意思を表現する方法の 1 つです。 犬のカーミングシグナルは実は27種類あると言われていますが(諸説あり)、猫のカーミングシグナルもたくさんの種類があります。 猫と暮らしていると、毎日たくさんの猫の行動を見ることになるでしょう。 しかし、驚くべきことに、その多くは猫からのカーミングシグナルであり、場合によっては飼い主の責任による「無視してはいけないカーミングシグナル」もあるので、猫を飼っている人はぜひチェックしてみてください。 冒頭で簡単に述べたように、猫(または犬)の宥和信号は、主に対峙している相手や自分自身を落ち着かせる、または「落ち着かせる」ことを目的とした行動です。 当初は犬の行動を分析したノルウェーの動物学者トゥリド・ルガス氏が犬向けのカーミングシグナルのリストをまとめましたが、近年では猫向けのカーミングシグナルもまとめられています。 [...]

最も見られた

猫 ワクチン 時期 過ぎ た
猫 ワクチン 時期 過ぎ た らどうすればいいですか

ワクチン接種は、重篤な感染症を含む多くの病気から子猫を守る重要な方法です。   しかし、初めて猫を飼う人にとって、どのワクチンをいつ接種するかを決めるのは問題です。 この記事では、catcarejp.comが、子猫に必要なワクチンと、接種を受ける適切な時期について詳しく説明します。 子猫のためのワクチン接種の重要性 子猫は母親の初乳から抗体を受け取り、ウイルスや病原体に対する免疫を獲得します。 これらは移行抗体と呼ばれます。 移行抗体は永久に維持されるわけではなく、徐々に減少していきます。 母親なしで子猫を育て始めると、子猫は抗体を持たないため、ワクチンが子猫を感染症から守るほぼ唯一の盾となります。  屋内だけで飼う場合でもワクチン接種は必要です。  完全室内飼いの子猫でも感染症にかかる可能性はあります。 飼い主の衣服や靴、ベランダの空気からのウイルスの感染を完全に防ぐことはほぼ不可能です。 子猫が完全室内で飼われている場合でも、免疫力を高めるためにワクチン接種をすることが重要です。 必ず獣医師の指示に従って子猫にワクチン接種を行ってください。 ワクチンは一度接種しただけでは完成ではありません。 これは、一度接種しただけでは免疫が不完全であるためです。 [...]

猫 しっぽ: 自分たちの言語を発見する
猫 しっぽ: 自分たちの言語を発見する

猫は複雑なボディーランゲージシステムを持っており、尻尾は感情や意図を伝える上で重要な役割を果たしています。猫 しっぽ言語を解読することは、彼らのコミュニケーションの表現力豊かで神秘的な側面を明らかにするエキサイティングな旅です。 今すぐ catcarejp で探検してみましょう! 猫のボディランゲージ 猫は体のさまざまな部分を使い、ボディーランゲージを通じて感情を伝えます。 猫はさまざまな話し方をしており、ボディランゲージの姿勢や口調を使って、恐怖、防御、イライラ、遊び心、満足感などの感情を表現します。 猫に詳しくない場合でも、猫のボディランゲージに基づいて猫の感情を認識し、猫の幸福、恐怖、攻撃性を感知することができます。 猫 しっぽのボディランゲージ 猫は表情豊かな動物であり、鳴き声、体の姿勢、尻尾の動きなど、さまざまな信号を通じて人間や猫同士でコミュニケーションをとります。 尻尾は脊椎系の一部であり、猫の感情や意図を伝える強力なツールとして使用されるため、猫のボディランゲージにおいて重要な役割を果たしています。 猫が尻尾をどのように動かすかを観察すると、猫の気分や感情、そして猫のニーズをより深く理解するのに役立ちます。 この知識は、暴力や恐怖行為につながる可能性のある誤解を避けながら、猫とのより強い関係を築き、猫の安らぎと幸せを確保するのに役立ちます。 [...]

水頭 症 猫
水頭 症 猫:意外な発見と効果的な治療法!

水頭症では、脳脊髄液(脳室で生成され、脳と脊髄の間を循環する重要な液体)が原因不明の脳室内空間に蓄積し、脳に特別な圧力を生じさせます。 猫ではまれですが、犬では特に先天的要因によりよく見られます。 この病気には、他の脳の問題とは異なる明確な身体的特徴と症状があります。 今回catcarejp.comでは水頭 症 猫、病気を早期に発見して動物病院に行くためのポイントを中心に解説していきます。 猫の水頭症とは何ですか? 脳や脊髄神経の周りには水が流れており、これが脳脊髄液です。 脳の中には脳脊髄液が流れる脳室があり、この脳室に過剰な脳脊髄液が溜まる病気を水頭症といいます。 脳内に水が溜まると、周囲の脳が内側から圧迫され、さまざまな症状が引き起こされます。 通常、脳脊髄液の排水管状部分の閉塞は先天性ですが、腫瘍やその他の物体によって脳脊髄液の流れが妨げられた場合に後天的に閉塞することもあります。 猫の水頭症の基本症状 猫の水頭症の症状は、多くの特徴的な兆候によって明確に示されます。 彼らの頭はドーム状になり、珍しい印象を与えます。 この病気に罹患した猫は、疲労や衰弱として現れる全身の体調不良を経験することがよくあります。 [...]

猫 首輪を使用するメリットを発見する
猫 首輪を使用するメリットを発見する

ペットの世話と保護に関して言えば、多くの場合、私たちが最初に考えるのはペットの快適さと安全です。 猫にとって大切なアクセサリーの中でも欠かせないのが、猫首輪とも呼ばれる「猫 首輪」です。 猫 首輪をつけるメリット 外飼いの猫であろうと室内限定の猫であろうと、猫にとって常に首輪を着用することにはさまざまな利点があります。 ID タグが付いた安全首輪は、猫の安全を確保し、迷子になった場合に素早く識別するのに役立ちます。 首輪が必要なのは外飼いの猫だけだと思われるかもしれませんが、室内飼いのみの猫でも、開いたドアや窓から逃げ出す可能性があります。 したがって、首輪とタグの着用は、どの種類の猫にとっても必要な対策です。 猫の安全首輪は多くの場合、自動ロック付きで設計されており、猫が何かに引っかかった場合に自動的に解除され、挟み込みを防ぐのに役立ちます。 しかし、猫の絶対的な安全を確保するには、マイクロチップによる通信が不可欠です。 ID首輪は、猫の飼い主と居場所を特定するだけでなく、猫に家があることを証明するのにも役立ちます。 これにより、猫が迷子になったり迷子になったりして救助センターや動物病院に運ばれた場合に、猫をすぐに特定して家に戻すことができます。 猫 [...]

アゴ 猫
アゴ 猫の顎ニキビ、原因と治療法を理解する

あなたの猫のあごの下に異常な兆候があることに気づきましたか? あなたのペットがどんな問題に直面しているか知りたいですか? 猫の口やあごの周りにできる赤いぶつぶつは、「猫ざ瘡​​」としても知られる尋常性ざ瘡と呼ばれる特定の皮膚疾患の兆候であることがよくあります。 この記事では、catcarejp.com アゴ 猫のニキビの典型的な症状、病気の原因、効果的な治療法について詳しく説明します。この記事は、最良の情報を収集し、猫の顎ニキビをより深く理解し、それらを治療する方法を見つけるのに役立ちます。 猫の顎ニキビとは何ですか? 猫のあごに小さな黒または茶色の斑点があることに気づくことがあります。 これは猫のニキビで、「猫ニキビ」や「ニキビ」とも呼ばれます。 軽度の場合は黒または茶色の斑点だけですが、重度の場合は、特に下顎の領域にかゆみや炎症を引き起こすことがあります。 原因としては、皮膚上の皮脂腺の分布、細菌感染、性ホルモン異常、ストレスなどが関係していると考えられていますが、現時点では明確には解明されていません。 猫によっては再発を繰り返す場合もあります。 ちなみに、ニキビは人間のニキビとは違いますので、人間用のニキビ . 次に、以下のトピックで猫の顎ニキビのより具体的な症状を学びましょう [...]

カーミング シグナル 猫
カーミング シグナル 猫 : 4 猫の行動やしぐさ

カーミング シグナル 猫「心を落ち着かせる信号」のことで、不必要な紛争や危機を回避したり、自分の意見や感情を他者に伝えるために使われる非言語言語のことです。 簡単に言えば、衝突を避けるためのコミュニケーションであり、「緊張」や「ストレス」を感じたときに見せるボディーランゲージです。 猫は犬と共通のカーミングシグナルを持っているようですが、集団で生活する犬とは少し異なる猫特有のシグナルもあり、シグナルを送るとすぐに行動が変わるようです。 。 catcarejp.comでは代表的なカーミングシグナルを簡単に紹介します。 宥和信号は猫が自分の意思を表現する方法の 1 つです。 犬のカーミングシグナルは実は27種類あると言われていますが(諸説あり)、猫のカーミングシグナルもたくさんの種類があります。 猫と暮らしていると、毎日たくさんの猫の行動を見ることになるでしょう。 しかし、驚くべきことに、その多くは猫からのカーミングシグナルであり、場合によっては飼い主の責任による「無視してはいけないカーミングシグナル」もあるので、猫を飼っている人はぜひチェックしてみてください。 冒頭で簡単に述べたように、猫(または犬)の宥和信号は、主に対峙している相手や自分自身を落ち着かせる、または「落ち着かせる」ことを目的とした行動です。 当初は犬の行動を分析したノルウェーの動物学者トゥリド・ルガス氏が犬向けのカーミングシグナルのリストをまとめましたが、近年では猫向けのカーミングシグナルもまとめられています。 [...]

猫 歯 周 病 写真
猫 歯 周 病 写真 : この病気にお答えします!

歯肉炎が進行すると、歯周炎は歯周ポケットの奥の構造である歯根膜および歯槽骨に広がる可能性があります。 これらが歯周炎を引き起こす要因となります。 歯根膜とも呼ばれる歯根膜は、歯を歯槽骨にしっかりと接続して保持する重要な役割を果たしています。 歯根膜や歯槽骨が破壊されると歯はグラグラになってしまいます。 以下の記事では、catcarejp.com が共有するコンテンツを通じて猫の歯周病について探っていきます。 猫のいわゆる歯周病 歯周病とは、口腔内に侵入した細菌によって引き起こされ、歯の周囲の歯肉が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が破壊される炎症性疾患と定義されています。 軽度の場合は無症状のことが多いですが、重度の場合は次のような症状が現れることがあります: 口臭、よだれが多い、食事が困難、常に足で口を触る。 このような場合には、医療介入が必要となります。 細菌感染症なので抗生物質で治ると思っている人もいますが、実際には完治するのは非常に困難です。 口腔は外界とつながっており、多くの細菌が生息しています。 さらに、歯周病が進行すると細菌によってバイオフィルムと呼ばれるバリアが形成され、抗生物質が効きにくくなります。 したがって、必要に応じて、バイオフィルムを物理的に破壊し、感染源である組織や歯を除去または抽出する医療介入を行うことが重要です。 [...]

猫 シラミ
猫 シラミとは何ですか?最新の簡単治療

猫はどの家庭にも愛らしく人懐っこい動物であり、今日ではどの家庭でも仲間と会話をするために必ず猫を飼っています。 しかし、猫は清潔で健康そうに見えますが、猫もまた、小さいながらも同様に重要な問題であるシラミに直面する可能性があることを知っている人はほとんどいません。 シラミは猫の体の上にのみ存在する小さくて危険な存在で、「暖かい場所」から離れると1週間以上生き延びることができません。 しかし、特に生活環境が清潔ではない場合、すべての猫が安全というわけではありません。 私たちの狭い世界では、子猫もイヌシラミの被害者になることがありますが、これは非常にまれです。 catcarejp.com で猫 シラミについてもっと学び、この病気の原因と兆候を理解し、適切な治療を受けましょう。 猫 シラミとは何ですか? ネコシラミは1~1.5mm程度の寄生虫で、毛の中に寄生し、卵を産んで増殖します。 髪の毛には白い粒子やフケのような物質がよく見られます。 ネコシラミはネコ以外の動物には伝染せず、皮膚のフケや分泌物を餌にして生きています。 さらに、吸血シラミは猫には感染しません。 毛皮の中に卵を産み、孵化し、蛹になり、何度か脱皮して成虫となり、一生を同じ猫と一緒に過ごします。 [...]

猫 黄疸
猫 黄疸の分類:3例

まず第一に、猫 黄疸は必ずしも肝炎によって引き起こされるわけではなく、黄疸の原因は数多くあり、赤血球橋の大量破壊、過剰な非抱合型ビリルビンの形成など、ビリルビンの過剰産生が原因である可能性があることを知っておく必要があります。非抱合型ビリルビンの量。 肝臓に到達すると、必ず肝臓への負担が大きくなり、結核のビリルビンの吸収・結合能力が肝臓の能力を超えると、血中の非抱合型ビリルビンが増加し、黄疸として現れます。 黄疸は実際には猫の病気の明らかな症状です。 この記事 catcarejp.com では、猫の飼い主が問題をよりよく理解できるように、猫の黄疸の症状と考えられる原因について説明します。 猫の黄疸の症状は何ですか? 猫は食べない、飲まない、食欲がなくなる、食べたいのに見ていると食べない、すぐに体重が減ります。 猫は元気がなく、目が鈍く、何にも興味がなく、眠らずにいつもひざまずいています。 腹部に触れないでください。肝臓の痛みと黄色い尿が原因である可能性があります。 猫は発熱しています。熱は夕方と夕方に比較的高く、猫は非常に無気力で、エネルギーが不足しており、体温が通常より高く、鼻が乾いており、耳が熱いです。 猫は食べたものをすべて吐き戻します。毛玉を吐く代わりに、水や黄色い泡を吐きます。 3日間食べたがらない状態が続くと、猫のまぶたの内側、鼻、耳、お腹の皮膚が徐々に黄色くなってきます。 猫 [...]

猫 カビ 人間
猫 カビ 人間に感染する可能性があります? ベストアンサー

皮膚糸状菌症は猫の病気であり、人間にも感染する可能性があります。 進行すると脱毛やかゆみを引き起こすため、細菌の侵入や感染症を引き起こさないように注意する必要があります。 今回は、猫のカビの特徴や治療法について、王子ペットクリニック院長の重本仁先生に伺いました。 catcarejp.com に参加して、猫のカビ病について、また猫 カビ 人間に伝染するかどうかを学びましょう。 猫の皮膚糸状菌症とはどのような病気ですか? 猫のカビ(皮膚糸状菌症)は、糸状菌と呼ばれるカビの一種(真菌)の胞子が猫の毛皮や皮膚に付着して増殖し、猫の体内に侵入することで発生します。 一般に、感染は真菌を持った猫との接触によって引き起こされますが、毛皮に真菌の胞子を持つすべての猫がこの病気を発症するわけではなく、健康な成猫がこの病気を発症することはほとんどありません。 ただし、免疫力が低下している高齢の猫や、糖尿病や腎臓病などの基礎疾患のある猫は、この症状を発症する可能性があります。 通常、母猫から子猫に感染し、ほとんどの症例は子猫に発生します。 さらに、栄養が足りなかったり、免疫力が低下したりすると、症状が悪化する可能性があります。 また、猫のカビは人間にも感染し、発症すると体に紅斑や激しいかゆみを引き起こします。 また、感染した猫に触れた飼い主は細菌を室内に持ち込み、愛猫に感染させる可能性もあるので注意が必要です。 [...]

飼っ て は いけない 猫 ランキング
飼っ て は いけない 猫 ランキング トップ14

これらの愛らしい「猫」は、夜を揺るがす神秘的なシルエットだけではなく、実際には家にいるハンターです。 愛らしい表情と潤んだ瞳で私たちを魅了する彼らですが、その小さな体の中には想像を絶する力と生命力、そして人間には理解しがたい特殊な生態系や習性が息づいています。 猫の品種ごとに異なる特徴と繁殖スキルがあります。 中には、その美しさや珍しさから残されている品種もありますが、手間がかかったり、飼育が難しい特殊な品種もあります。 catcarejp.comが以下で紹介する飼育が難しい猫種14種のランキングは、猫と人生を共にする際の決断に役立つでしょう。  飼ってはいけない猫の特徴 猫は攻撃的な性格を持っています 気分の変動が激しい猫を飼うのは得策ではありません。 犬とは異なり、猫には気分の変動があります。 性格が荒く、飼い主や家のいたるところを引っ掻いてしまう猫もいます。 特に、マンションや賃貸アパートに住んでいて、猫に爪とぎをさせたり汚れさせたりする余裕がない場合は、気性の荒い猫を飼わないのが最善です。 もちろん個体差もありますので、実際に猫を飼う際はお店のスタッフに聞いて猫の性格を理解しましょう。 純血種の猫の品種に属します 純血種の猫もお勧めできません。 純血種の猫とは、基本的に血統書(血統書)が公表されている猫の品種であり、代々血統を守るために兄弟やいとこ同士で何度も交配されてきた猫の品種のことです。 [...]

猫 皮膚 病
一般的な猫 皮膚 病の症状と治療法

ほとんどの猫は時々引っ掻きますが、時々引っ掻いたり、定期的に毛づくろいをしたりすることが過剰になっていることに気づいたら、猫は皮膚の問題を抱えている可能性があり、獣医センターで診察を受ける必要があります。以下は、Catcarejp.com が紹介したい「猫の皮膚の問題」です。 過度の引っ掻き、毛づくろい、抜け毛は、猫の皮膚の問題があり、猫の友達が医療処置を必要としている兆候である可能性があります。猫の皮膚の問題が緊急になることはめったにありませんが、不快な猫は、それらの症状が抑えられるまで日常生活を楽しむのが困難になります。 犬と比較すると、猫は通常、毛皮や皮膚の手入れが少なくて済みます。一般的に、猫の皮膚の問題は犬よりもはるかに少ないです。週に 1 回ブラッシングを行うことで、猫の毛皮や皮膚をよく知ることができます。これにより、猫の皮膚の潜在的な問題を早期に発見し、獣医師による迅速な治療を求める可能性が高くなります。 猫 皮膚 病の状態を認識する: では、猫の皮膚の状態をどのように認識すればよいのでしょうか。以下は、注目すべき重要な兆候です。 抜け毛は、猫の皮膚の問題の一般的な兆候です。抜け毛に気づいたことがありますか?猫の抜け毛が通常より多いですか? 過度な毛づくろいも、猫の皮膚疾患の兆候です。毛づくろいが通常より熱心でリラックスしていないように見える場合は、猫が痒み(かゆみ)があり、不快に感じている可能性があります。 猫のブラッシング中に、赤み、鱗状、斑状、またはかさぶた状の部分に気付いた場合は、獣医師の診察を受けてください。 ノミやダニは皮膚によく見られる寄生虫です。 猫が頭を過度に振っている場合は、皮膚疾患または耳の疾患がある可能性があります。 [...]